line

愛犬に与えていい食べ物、与えてはいけない食べ物

犬の食事の変化

一昔前、犬をペットとして飼っていた場合、主に人間のご飯の残り物を犬に食べさせるのが当たり前でした。そのころは「愛犬」と呼ぶ人たちは少なく、番犬という役割のほうが大きかったのです。

今は犬を飼われている方のほとんどが、犬用の専用フードを与えています。しかし時々は人間が食べている食べ物を与えることもあるようですが、それが愛犬にとって良い影響をもたらすこともあれば、逆に悪影響をもたらすこともあるのです。大切な愛犬の健康を守るためにも、食べさせていい物と悪い物については理解しておくことをおすすめします。

愛犬にも積極的に食べさせたいのが野菜類です。

犬に是非とも与えたい食べ物

人間も野菜を積極的に食べるようにすすめられるのは、野菜にはビタミン類が豊富に含まれているからです。生のまま野菜を与える方もいらっしゃいますが、生野菜は消化吸収によくないので胃腸に大きな負担をかけてしまいます。そこでゆでる、蒸すなどして消化吸収の良い状態にしてから愛犬に食べさせるのがおすすめです。

また野菜をゆでて調理した場合、ゆで汁に野菜の持つ栄養成分が流れ出てしまうことがありますので、ゆで汁ごと愛犬に食べさせるようにすると野菜の栄養を余すことなく食べさせられます。

野菜にもいろいろな種類がありますが、特に愛犬に積極的に与えたいのがかぼちゃ、トマト、キャベツです。イモ類も食物繊維が豊富に含まれているので、愛犬に積極的に食べさせたい野菜です。甘味のあるサツマイモを喜んで食べる愛犬が多いので、ゆでたり、ふかしたりして食べさせてあげましょう。

豆腐や納豆を好んで食べる愛犬もおり、それらも愛犬に食べさせたい食材の一種です。たんぱく質が豊富で、動物性のたんぱく質よりも消化吸収がよいのが特徴です。

犬にあげてはいけない食べ物

逆に食べさせてはいけない食べ物もあります。野菜類は愛犬の健康維持に効果的なので食べさせるようにすすめたのですが、ネギ類に関しては食べさせないように注意しましょう。

犬が食べると危険な食物

ネギ類に含まれている成分が愛犬の赤血球を破壊するため、ネギ類を食べることで貧血症状が出てしまうことがあるのです。ネギが入っていないから大丈夫だろうと思ってすき焼きの煮汁を与えたところ、症状が出てしまうケースもありますので十分な注意が必要です。あまり知られてはいませんがブドウも犬にとっては致命傷になりかねない臓器疾患を起こすことがある為ぜひとも避けておきましょう。刺激の強い香辛料も、愛犬にとっては刺激が強すぎるため与えないようにしましょう。また同様に味付けの濃い物も、体の負担が大きくなるため避けるようにします。

人間が大好きなチョコレートですが、愛犬にとっては有害な成分が含まれていますのでこれも食べさせないように注意しましょう。動悸や血管を収縮させる原因になってしまいます。

まとめ

ねぎやチョコなどは多くの人が与えてはいけないと知っているようですがまだまだたくさん危険とされる食べ物があります。そしてそれらは日常的に食卓に上がっているものもあるのでぜひともこの機会に家族一同で知識をつけて愛犬の安全を確保しましょう!

ペットサプリについて学ぶ

  • あいこな
  • プロキュア
  • ベジタブルサポート

ペットについて学ぶ

  • 皮膚の悩み
  • 犬の健康の為にペットサプリ
  • 食糞の悩み
  • 愛犬にモリンガを
  • 臭いの悩み
  • 臭いの原因&対策
  • 愛犬に必要な栄養分
  • アレルギーの悩み
  • 愛犬に与えてよい食べ物とNGな食べ物
  • 涙やけの原因と対策
  • その他の悩み