line

犬のアレルギー

犬にもあるアレルギー

現代病ともいわれているアレルギー。私自身鼻炎と花粉症があり、いつもズルズルしています。

ヒトと同じで犬にもアレルギーがあります。その症状は多岐に渡り、皮膚疾患や炎症、鼻炎や下痢などが分かりやすい症状になります。いつもかきむしっていたり、糞の状態がよくないなど気になる兆候がある際は動物病院にて診てもらう必要があるかもしれません。

アレルギーの原因

では何が犬のアレルギーを引き起こすのか?食べ物によっておこるアレルギーの多くはタンパク質によって誘発されるといわれています。ですが、そのタンパク質(植物・動物etc)が原因なのかは犬一匹一匹で違うためそれぞれに対処する必要があります。

ここですこしタンパク質がアレルギーを引き起こすメカニズムをご説明します。

タンパク質がアレルギーを起こす理由

基本的にタンパク質は必須栄養素です。

そのタンパク質が体内に吸収される前、必ずアミノ酸へと分解されます。タンパク質の粒子が腸壁の吸収できるサイズより大きいためです。ここでタンパク質を過剰に摂取してしまうとこのアミノ酸への分解がうまくいかなくなってしまい、吸収されないタンパク質が腸内にあふれます。ここで体外に排出される、もしくは再吸収されればなんの問題もありませんが、体内ではこのタンパク質は「異物」とみなされてしまうため抗体反応がおこるのです。この抗体反応がアトピー、そして呼吸器系にかかわるアレルギーを引き起こすといわれています。このプロセスが何度も何度も続くとアレルゲンとなり、常にトラブルを引きおこすようになります。

ステロイドが一般的なアレルギー治療薬

皮膚にあらわれるアレルギー治療にてよくみられるのが「ステロイド治療」です。ステロイドはとても強いため即効性にすぐれていますが長期利用には向いていません。本来もっている免疫力が下がる危険性もあるため、どうしてもという時だけ頼るようにしましょう。

私のオススメ

ステロイドではなく私がお勧めするのは自然のチカラで腸内環境を整える「ペットサプリ」です。

プロバイオティクスというものが私の一番のお勧めです。プロバイオティクスとは善玉菌のことで、腸内環境の正常化、そして免疫力アップに効果があるとされています。そして一緒にとるとさらによいとされるのが酵素なのです。酵素によって消化を促進し、吸収しやすくしてくれるのです。消化吸収を促す最大のメリットは体への負荷の軽減そして腸内でおこるトラブルの軽減です。さきほども紹介した消化吸収による皮膚へのアレルギーが多くみられるだけにこの二つの成分はぜひおさえておきたいですね。

ペットサプリについて学ぶ

  • あいこな
  • プロキュア
  • ベジタブルサポート

ペットについて学ぶ

  • 皮膚の悩み
  • 犬の健康の為にペットサプリ
  • 食糞の悩み
  • 愛犬にモリンガを
  • 臭いの悩み
  • 臭いの原因&対策
  • 愛犬に必要な栄養分
  • アレルギーの悩み
  • 愛犬に与えてよい食べ物とNGな食べ物
  • 涙やけの原因と対策
  • その他の悩み